ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校
芦屋中学校トップページ > 活動紹介 > 平成30年度学校行事 > 平成30年度2学期始業式 Ict関連機器設置

本文

平成30年度2学期始業式 Ict関連機器設置

記事ID:0001056 更新日:2018年9月5日更新

2学期スタート

 9月3日(月曜日)、最も長い2学期が始まりました。今年はとても暑い夏休みでしたが、元気に登校してきた生徒たちの顔を見ると、有意義な毎日を過ごしたことがうかがえました。始業式では、「どうぞ」の思いやりと「ありがとう」の感謝の気持ちを言葉と行動で表し、1学期よりさらに広く深い人間関係を作ってほしいと話しました。
 今学期も引き続き保護者の皆さん方、地域の皆さん方のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

Ict関連機器設置

授業の画像
授業の様子

  夏休み期間中、普通教室全クラス、および特別教室の一部にIct関連機器が設置されました。
 今までの黒板から、プロジェクターの映像が投影できるホワイトボード型の電子黒板に変わり、パソコンの画面 を投影しながら授業を進めることができるようになります。
 6日、さっそく電子黒板を使った授業が行われていました。手元の教科書を見るだけではなく、デジタル教科書により電子黒板に拡大した画像を映し出したり動画を再生したり、また、一人が書き込んだものをみんなで考えたりしていました。生徒に学習意欲を持たせ、わかりやすい授業になるよう、全教師で活用に努めてまいります。