ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋中学校

本文

令和元年度 修了式

記事ID:0010544 更新日:2020年3月24日更新

 3月24日(火曜日)令和元年度修了式を行いました。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、体育館での全体集合の形ではなく、各教室で放送による修了式となりました。

 校長先生の話では、「竹の節目」について話がありました。

 竹は中が空洞の部分が多い植物ですが、「節目」があるから強い風に折れることなく耐えることができます。その「節目」を作る段階では成長の伸びが遅くなるそうですが、「節目」ができあがると、またすくすくと次の空洞の部分が伸びていくそうです。

 みなさんも今日の修了式を「節目」として自分自身の成長を振り返り、4月7日の始業式を、それぞれ立派な「先輩」として、あるいはみんながあこがれる「最上級生」として、迎えてくれることを期待しています。

校長先生の話
放送による校長先生のお話

教室の様子  教室の様子
         各教室での放送による修了式

 保護者の皆様、この度の「臨時休校」の措置に対しましては、ご理解、ご協力をいただきありがとうございました。思いもかけず3月は4日のみの出校となりましたが、元気に登校してきた生徒たちに修了証書を渡すことができ、安堵しております。

 明日から春休みとなりますが、引き続き自宅待機を基本とし、外出を控えた規則正しい生活を送れるよう、感染拡大防止への取組みにご理解、ご協力をよろしくお願いします。