ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋小学校

本文

令和3年度法被贈呈式

記事ID:0019373 更新日:2021年10月25日更新

法被贈呈式

法被授与

 

贈呈 決意表明 全員

 10月25日(月曜日)の3校時に、令和3年度の運動会に向けた「法被贈呈式」が行われました。この法被は、平成13年(西暦2001年)、5年生と6年生の花形演技「芦屋ソーラン」のために、PTA、地域のみなさんから贈られたものです。今に至るまでの20年間、代々6年生から5年生に受け継がれてきました。

 「伝統と歴史のある法被に負けないような演技をしたい。」

 伝統と歴史の重みを感じながら、精一杯踏ん張って練習に励む芦屋小の5、6年生。5年生の誓いの言葉も、6年生の激励の言葉も大変熱を帯び、「法被贈呈式」は盛況のうちに幕を閉じました。

 5、6年生だけではなく、すべての子どもたちが今、運動会の練習の中で輝いています。きっと運動会は、大成功することでしょう。

 そんな子どもたちにとって、小学校の運動会は、地域で育った中での大切な思い出となります。子ども達の「ふるさとあしや」での思い出が「あしやで育った誇り」となるような、そんな運動会になるよう、子供たちと共に全職員で精いっぱい運動会に向けて頑張っていきたいと思います。

 運動会当日を、どうぞご期待ください。