ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
芦屋小学校

本文

法被贈呈式

記事ID:0014484 更新日:2020年10月20日更新

法被贈呈式 ~6年生から5年生へ~

 10月19日,芦屋小学校伝統の法被贈呈式が行われました。大運動会の種目「芦小ソーラン」で身にまとう法被を,歴代の5・6年生が代々引き継いでいます。今年はコロナ禍のため,「芦小スポーツ大会」として大運動会の規模を縮小せざる得ませんでしたが,それでも「芦小スポーツ大会」で実施することとなりました。歴史と伝統は,確実に引き継がれていきます。 
 校長先生から一人ひとりに贈呈された法被は,6年生が踊りの審査を行って合格した5年生だけが着ることのできる,晴れの衣装です。
 この日、6年生からの厳しい審査を受けた5年生全員が法被を着ることができ、芦小に新たな伝承者35名が誕生しました。

法被授与 法被を着た5年生 たたみ方を習う5年生
 一人一人法被を託す贈呈式  5・6年生の真剣な伝承の場 次世代に繋ぐためのたたみ方指導

 10月24日土曜日,「芦小スポーツ大会」の「芦小ソーラン」を中心とした全種目と子供たちの輝きにご期待ください。