メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちの施設 > 図書館・歴史・文化施設 > 芦屋歴史の里(歴史民俗資料館) > 芦屋歴史の里企画展「古地図展~古地図でたどるおかみさんの旅日記」

芦屋歴史の里企画展「古地図展~古地図でたどるおかみさんの旅日記」

更新日:2018年08月01日

  • 古地図展チラシ

    古地図展チラシ

  • 展示の様子①

    展示の様子①

  • 展示の様子②

    展示の様子②

芦屋歴史の里企画展「古地図展~古地図でたどるおかみさんの旅日記」

 芦屋津は古来より交通・交易の要所として栄えていました。活気ある経済活動は特に商人が活発した経済力を背景に教育を受け、教養を深めるようになりました。

 鞍手の神官・国学者の伊藤常足に指導を受けた中に、芦屋の大店「米伝」のおかみ桑原久子がいました。天保12(1842)年1月、中間底井野にある商家のおかみ小田宅子などを誘って伊勢詣に出て、善光寺・日光東照宮まで足を延ばします。約5カ月間、3200キロの旅から帰国し、後年、久子は「二荒詣日記」、宅子は「東路日記」を書き残しました。

 江戸時代の庶民がいかに旅を人生の楽しみにしていたかを色々な古地図・名所図会からひも解き、さらに芦屋の久子が書き残した「二荒詣日記」を軸として、彼女たちが歩いた道を検証します。

▽開催日時:平成30年7月18日(水)~12月2日(日)※月曜日休館。月曜祝日の場合は翌日休館

      午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

▽ギャラリートーク

   1回目   8月26日(日)午前10時~11時00分 講師:芦屋歴史の里 学芸員

   2回目 10月28日(日)午前10時~11時00分 講師(予定):菅野俊輔(江戸文化研究家)

▽入館料

   個人 中学生以上200円・小学生100円※町内の小学生は土曜日無料

   団体 中学生以上100円・小学生 50円※団体割引は15名以上

   芦屋歴史の里・釜の里共通券 中学生以上300円・小学生150円

 

 

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 生涯学習課 公民館・文化係(芦屋歴史の里)
電話番号:093-222-2555