メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちの施設 > 図書館・歴史・文化施設 > 芦屋歴史の里(歴史民俗資料館) > 芦屋歴史の里企画展「杉山家の人々」

芦屋歴史の里企画展「杉山家の人々」

更新日:2018年04月01日

芦屋歴史の里企画展「杉山家の人々」

この企画展で取り上げる杉山家は、芦屋との関わりを深く持つ家柄です。黒田藩士杉山三郎平は、明治維新後、縁のあった芦屋の薬種問屋塩田屋に居を移しています。また、三郎平の長男茂丸は、幼少期から青年期を芦屋で過ごし、茂丸の長男夢野久作は、日本三大奇書の一つと言われる「ドグラ・マグラ」を執筆しました。久作の長男龍丸は、戦後、私財を投げ打ち、インドの緑化に取り組み、「グリーンファーザー」と呼ばれています。
今回の企画展では、夢野久作の肉筆原稿や杉山茂丸たちが書いた掛け軸等を展示しています。

▽と き:平成30年5月27日(日)まで。午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

▽ところ:芦屋歴史の里(遠賀郡芦屋町大字山鹿1200)

▽入館料:中学生以上200円、小学生100円(町内在住の小学生は土曜日は無料)
     団体(15名以上)中学生以上100円、小学生50円

▽イベント:歴史の里学芸員によるギャラリートーク
      ○4月14日(土)午後1時30分~2時30分
       ※申し込みは不要ですが、入館料が必要です。

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 生涯学習課 公民館・文化係(芦屋歴史の里)
電話番号:093-222-2555
ファクス番号:093-222-2957