メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちづくり > 特定防衛施設周辺整備調整交付金

特定防衛施設周辺整備調整交付金

更新日:2016年07月14日

特定防衛施設周辺整備調整交付金とは

 防衛施設の設置・運用により、周辺地域では安全な生活環境に著しい影響を受けています。
 これらを軽減するために、国から特定防衛施設周辺整備調整交付金(以下、「調整交付金」といいます。)が交付され、公共施設の整備などさまざまな事業に活用しています。

 

これまでの交付金実績

 芦屋町は芦屋飛行場(自衛隊基地)を有していることから、本交付金が交付されており、これまで道路の整備や公共施設(学校・公民館など)の整備を行ってきました。
 今後も地域住民の生活環境の改善がはかられるよう本交付金を活用します。
 過去の事業実績については、下記関連ファイルをご確認ください。

 

調整交付金を活用した基金事業について

 芦屋町では、調整交付金を活用して「乳幼児・子ども医療費助成事業」に係る医療費に充てるため、基金を設置しています。

■事業の目的
 乳幼児および子どもの医療費の自己負担分を助成することにより、世帯の経済的負担軽減をはかる。

■事業の始期および終期
 平成24年3月~平成38年3月

■事業に要する経費の総額
 2億6651万8260円

■交付を受けた交付金の額
 2億6308万6000円

 

事業評価書について

 平成24年度から実施した事業についての事業評価書を作成し、九州防衛局に報告しています。
 内容は九州防衛局のホームペーでで公表されていますので、下記関連リンクより確認してください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 企画政策課 企画係 
電話番号:093-223-3570
ファクス番号:093-223-3927