メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

更新日:2018年12月27日

「Jアラート」による弾道ミサイル発射情報が伝達された場合の対応

屋外にいる場合

 ・速やかに近くの頑丈な建物や地下施設に避難して下さい。

 ・近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守ってください。

屋内にいる場合

 ・できるだけ窓や扉から離れ、建物の中央で伏せて下さい。

⑶落下物への対応

 ・ミサイルからの落下物や不審な物を発見した場合は、決して近寄らず、直ちに警察か消防に連絡して下さい。

 

 ミサイルが発射された場合には、「Jアラート」から受信した情報を防災行政無線にて皆様にお伝えします。

 情報の伝達パターンとしては、次の3通りです。

日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合

①発射情報(ミサイル発射情報・避難の呼びかけ)

 

「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。建物の中、又は地下に避難して下さい。」

 

②落下予測情報(直ちに避難することの呼びかけ)

 「直ちに避難。直ちに避難。直ちに建物の中、又は地下に避難して下さい。ミサイルが、●時●分頃、●●県周辺に落下するものとみられます。直ちに避難して下さい。」

 

③落下推定情報(日本の領土・領海に落下)

 

「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが、●時●分頃、●●県●●市周辺に落下したものとみられます。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難して下さい。」

 

日本の領土・領海の上空を通過した場合

①発射情報(ミサイル発射情報・避難の呼びかけ)

 

「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。建物の中、又は地下に避難して下さい。」

 

②上空通過情報(ミサイル通過情報)

 

「ミサイル通過。ミサイル通過。先程のミサイルは、●時●分頃、●●へ通過したものとみられます。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。」

 

日本に飛来する可能性があったものの、日本の上空を通過することなく、日本の領空外の海域に落下した場合

①発射情報(ミサイル発射情報・避難の呼びかけ)

 

「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射されたものとみられます。建物の中、又は地下に避難して下さい。」

 

②落下推定情報(日本の領海外の海域に落下)

 

「先程のミサイルは、●時●分頃、●●海に落下したものとみられます。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。」

 

その他

 詳しくは、関連リンクの「内閣官房 国民保護ポータルサイト」をご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 総務課 庶務係
電話番号:093-223-3572
ファクス番号:093-223-3927