メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 芦屋町の紹介 > 各課の業務案内 > 教育委員会 > 学校教育課 > 給食センター係

給食センター係

更新日:2017年01月26日

  • 新学校給食センター

    新学校給食センター

 芦屋町学校給食センターは、町立小中学校の給食調理施設として昭和46年4月の運営開始以来、安全で栄養バランスのとれたおいしい給食づくりを目指して、施設の増改築や設備の改善などを実施してきましましたが、建設後40年以上が経過し老朽化が著しく、現在の学校給食衛生管理基準に沿った運営が困難な状況であったため、建て替えを行い、平成27年9月から新しい学校給食センターの運用を開始しました。
 新学校給食センターは、学校給食衛生管理基準に沿った施設となり、従来よりも衛生管理の徹底がはかられ、また、炊飯設備の導入により米飯の味が向上するなど、より一層安全・安心でおいしい給食の提供ができるようになりました。

施設の概要

 所 在 地   〒807-0133
       福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋405番地2
 構造    鉄骨造 一部2階建
 敷地面積  4541.21平方メートル
 延床面積  1452.39平方メートル 
 厨房方式  ドライシステム
 提供校数  小学校3校・中学校1校

施設の特徴

・施設内は、人や食材による交差汚染防止などのため、作業区域別に部屋単位で区分し、食材の検収から下処理、
 調理、配送までの作業が一方向に流れる配置
・食物アレルギーに対応するため、除去食を調理するアレルギー食調理室を設置
・施設内への虫やホコリなどの侵入防止のため、食材の搬入口にはエアカーテンを、コンテナ配送・回収口には
 トラックが密着できる設備(ドックシェルター)を設置
・調理衣のホコリなどの除去を徹底するため、調理室の入口にエアシャワーを設置
・調理室などの適切な換気や温度・湿度管理のため、給排気設備及び空調設備を導入
・ごみの減量化をはかるため、野菜くずや残菜を処理する生ごみ処理機を設置

主な取り組みなど

・地元や近隣でとれた地場産農産物を使う地産地消の取り組み
・献立には、郷土料理や世界の料理、季節の行事食を取り入れる
・スープやだしは、煮干、昆布、かつお節、鶏がらでとり、だしをきかせることで薄味にする

 

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 学校教育課 給食センター係
電話番号:093-223-1748
ファクス番号:093-223-1818