メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみと環境 > お知らせ > 平成29年度芦屋海水浴場水質および放射性物質調査結果のお知らせ

平成29年度芦屋海水浴場水質および放射性物質調査結果のお知らせ

更新日:2017年06月08日

福岡県、北九州市および福岡市では、安心して海水浴が楽しめるように、海水浴場の水質について調査を行い、衛生上の見地から利用の適否を判定しています。平成29年度遊泳期間前の海水浴場の水質および放射性物質調査結果が公表されましたのでお知らせします。なお、芦屋海水浴場における調査結果は次のとおりです。

1.調査場所  芦屋海水浴場

2.調査期間  平成29年4月12日(水)~5月16日(火)

3.放射性物質調査結果 
(1)海水  放射性ヨウ素及び放射性セシウム   検出されず 
(2)砂浜  空間線量率(マイクロシーベルト/時)
       地表面     0.04          
       地上50cm    0.04          
       地上1m     0.04

4.水質調査項目および結果
(1)ふん便性大腸菌群数  不検出
(2)油膜の有無      無
(3)COD(mg/ℓ)  1.1
(4)透明度        全透
(5)判定         適(水質AA)

5.判定基準

判定

ふん便性大腸菌群数

油膜の有無

COD

透明度

水質

A A

不検出

(検出下限2個/100mℓ)

油膜が
認められない

2mg/ℓ

以下

全透

(1m以上)

水質

100個/100mℓ以下

油膜が
認められない

2mg/ℓ

以下

全透

(1m以上)

水質

400個/100mℓ以下

常時は油膜が
認められない

5mg/ℓ

以下

1m未満~

50cm以上

水質

1000個/100mℓ以下

常時は油膜が
認められない

8mg/ℓ

以下

1m未満~

50cm以上

不適

1000個/100mℓを

超えるもの

常時油膜が
認められる

8mg/ℓ

50cm未満

 ※水質の判定は、上記項目すべてを満たしているものである。

6.用語の解説
(1)ふん便性大腸菌群数
  大腸菌および大腸菌によく似た性情の菌の総称で、畑の土の中などにも見られるが、一般的には人や動物の
 排せつ物に多く存在するので、ふん便などによる水質汚濁の程度を表す指標として用いられる。
(2)油膜
  油分による汚濁の有無を調べるために、水面上の油膜を目視により確認する。
(3)COD
  水中の有機物などを酸化剤で酸化するときに消費する酸素量のことで海域や湖沼などの汚濁の程度を表す指標
 として用いられ、その値が大きいほど、水質汚濁が進行している。
(4)透明度
  水の透明度は、直径30cmの白色円板を水中に沈め、これが見えなくなる深さと引き上げていって見え始めた
 深さとを平均し、メートル(m)で表示したものである。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 環境住宅課 環境衛生係
電話番号:093-223-3538
ファクス番号:093-223-3927