メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみと環境 > お知らせ > PCBを含む機器が残っていませんか?

PCBを含む機器が残っていませんか?

更新日:2017年06月08日

 工場や店舗などにある、古い電気機器(昭和47年ごろまでに製造されたトランス、コンデンサー、業務用蛍光灯の安定器など)には、環境と人体に極めて有害なPCBが含まれている可能性があります。

 平成28年8月1日から高濃度PCBを使用した機器を、原則下記期間までに、中間貯蔵・環境安全事業株式会社に処分委託することが義務付けられています。

 また法改正に伴い、届出内容の変更、追加が行われています。

高濃度PCB使用機器

処分期間

大型変圧器・コンデンサー等

平成30年3月31日まで

安定器及び汚染物等

平成33年3月31日まで


 所有する機器にPCBが含まれていることが判った場合は、速やかに、宗像・遠賀保健福祉環境事務所(電話番号:0940-36-6322)に連絡してください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 環境住宅課 環境衛生係
電話番号:093-223-3538
ファクス番号:093-223-3927