メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > 通知カードに関する届出について

通知カードに関する届出について

更新日:2015年12月25日

住所や氏名に変更があった場合

  住所や氏の変更などにより、通知カードの記載事項に変更が生じた場合、役場住民課住民係まで届け出を行ってください。届け出に必要な書類などは、次のとおりです。通知カードの裏面は役場職員が記入する欄になりますので、何も書かれないようにお願いします。

●本人または同じ世帯の世帯員が届け出る場合
・通知カード表面記載事項変更届(添付ファイル ※役場住民課住民係窓口にもあります。)
・本人の通知カード
・本人の本人確認書類【★】
・印かん

●代理人が届け出る場合
・通知カード表面記載事項変更届(添付ファイル ※役場住民課住民係窓口にもありあす。)
・本人の通知カード
・委任状(添付ファイル)
・代理人の本人確認書類【★】
・代理人の印かん 

【★】本人確認書類とは、次の①または②のことです。
①住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)・運転免許証・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書のうち、1点

②①を持っていない人は、「氏名、生年月日」または「氏名、住所」が記載され、町長が適当と認めるもの2点
(例)生活保護受給者証、健康保険証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、社員証、預金通帳

通知カードをなくした場合

 通知カードをなくした場合は、役場住民課住民係まで届け出を行ってください。届書は、添付ファイルにあります。
 なお、通知カードの再交付を受けることができます。詳しくは、次項「通知カードの再交付手続き」を読んでください。

通知カードの再交付手続き

 以下の場合、通知カードの再交付を申請することができます。
(1)通知カードを紛失し、焼失し、または著しく損傷した場合
(2)通知カードの追記欄の余白がなくなった場合
(3)国外転出などにより通知カードを返納した後、国内転入などにより芦屋町の備える住民基本台帳に記録された場合
(4)任意に個人番号カードを返納した場合

申請に必要な書類などは以下のとおりです。
●本人が申請する場合
・通知カード再交付申請書(添付ファイル ※役場住民課住民係窓口にもあります)
 ※紛失または焼失した場合の再交付申請は、次のいずれかの書類も必要
  ・遺失届を届け出た警察署およびその連絡先ならびに遺失届受理番号が記載された通知カード紛失届
  ・消防署または市町村の発行する罹災証明書
  ・上記いずれも提出が困難な場合は、紛失または焼失の経緯を書いた書類
・本人の本人確認書類(※「住所や氏名に変更があった場合」にて提示した本人確認書類)
・手数料 500円(1人につき)
ただし、下記のいずれかに該当する場合は、手数料が無料になります。
(1)追記欄(裏面下部)の余白がなくなった場合
(2)個人番号、住民票コード変更に基づき返納した後の再交付の場合
(3)国外転出による返納後の再交付の場合

●代理人が申請を行う場合、上記すべての書類に加え、以下のものが必要になります。
・代理人の本人確認書類(※本人の本人確認書類と同じ条件のもの)
・代理人の代理権を証明する書類(以下のもの)
 (A 法定代理人の場合)
 戸籍謄本その他その資格を証明する書類
 (B 任意代理人の場合)
 委任状(※添付ファイル)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 住民課 住民係
電話番号:093-223-3531
ファクス番号:093-223-3927