メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 各種相談窓口 > 消費生活相談窓口をご利用ください

消費生活相談窓口をご利用ください

更新日:2013年06月19日

  • 消費生活相談窓口をご利用ください

    消費生活相談窓口をご利用ください

Q:身に覚えのない請求ハガキが届いた!どうしよう…

A:「不当請求」と考えられます。ハガキに書いてある連絡先へは、決して電話をしないでください。相手にあなたの電話番号を教えることになるからです。

Q:突然の訪問販売で、高額の商品購入の契約をさせられた。解約したい!

A:クーリング・オフ期間(8日以内)であれば、手続きを行うことで解約できます。すぐにご相談ください。

Q:注文していない書籍が突然届いた。代金を振り込むように指示がある。どうしよう…

A:代金を支払う義務も、商品を返品する義務もありません。ただし、一定期間は保管しておく必要があります。(受領した日から14日)商品は未使用のままで相談してください。

Q:「税金の還付があります」と言われ、銀行のATM(自動預払機)へ行くように言われた。

A:それは「還付金詐欺」です。
税や保険などの還付金をATMで返還することは絶対にありません。
「携帯電話」を持って「ATM」へと言われたら、絶対に還付金詐欺です。操作方法を説明しながら、あなたの預貯金口座から他人(犯人)の口座にお金を振り込ませようとしています。
相手の言った電話番号をう呑みにせず、電話帳などで電話番号を確認して、自分で関係機関に問合せましょう。

Q:突然の電話で、「事故を起こした。すぐにお金が必要なので振り込んで欲しい。」と言われた。早くしないと銀行が閉まってしまう・・・どうしよう・・・

A:「振り込め詐欺」ではありませんか?ご家族、本人に確認しましたか?すぐに返事をせず、電話を一度切って、落ち着いてよく考えましょう。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 地域づくり課 地域振興係
電話番号:093-223-3543
ファクス番号:093-223-3927