メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 防犯 > 主な詐欺・悪質商法の手口について

主な詐欺・悪質商法の手口について

更新日:2018年04月18日

  

 「電話番号が変わった」「風邪をひいている」「子どもさんが事故を起こして大変なことになった。忙しいので代わりに電話している」などと言って騙す 『オレオレ詐欺』

 町や税務署、年金事務所などの職員を装って、「年金等の差額を還付します」といってお金を騙し取る 『還付金詐欺』

 「隣の家を工事するので挨拶に」「タダで(格安で)点検します」などと言い点検し、点検後は事実と異なる説明をして、住民の不安をあおり契約させ、多大な工事費や商品代を請求する 『点検商法』

 「役場の方からきました」などと公的機関をかたって住民を信用させ、義務や法律という言葉を使って騙す 『かたり商法』

 など、様々な悪質商法や詐欺があります。

少しでも疑問や不安を感じたときは、芦屋町消費生活相談窓口(℡093-223-3543)にご相談ください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 環境住宅課 地域振興・交通係
電話番号:093-223-3539
ファクス番号:093-223-3927