メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 防犯 > 千円のはずが20万円の工事に!?屋根工事の契約トラブル

千円のはずが20万円の工事に!?屋根工事の契約トラブル

更新日:2013年10月17日

このような相談が寄せられています

 「近所で工事をしているのであいさつに来た」と訪ねてきた男性から、「お宅の屋根の鬼瓦が傾いているのが気になっていた。隣の家に落ちると大変だ。今なら残っている漆くいを使って千円で直してあげる」と言われ、千円ですぐ直してもらえるなら、と修理をお願いした。作業終了後「瓦が浮いている。このままだと雨漏りするので屋根全体を工事したほうがいい」と言われ、雨漏りしたら大変だと慌ててしまい、約10万円の工事の契約をした。しかし、冷静になってみると契約を急ぎすぎたような気がする。クーリング・オフしたい。

騙されないために

 突然自宅を訪問し、「修理しないと大変なことになる」などと不安をあおり、その場で契約を結ばせる屋根工事に関する相談がきています。事例の他にも、「今なら通常料金の〇割引」などと契約をせかされたり、長時間居座られて勧誘されるケースもあります。業者の説明が事実でない場合もあるので、決してその場では契約せず、相手の言うことが真実なのか、必要な工事かどうかなどを家族や周囲の人に相談しましょう。工事を頼む際には、複数業者から見積もりを取ることも大切です。

工事が終わっていてもクーリング・オフできる場合もあります。困ったときは芦屋町消費生活相談窓口(℡093-223-3543)にご相談ください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 地域づくり課 地域振興係
電話番号:093-223-3543
ファクス番号:093-223-3927