メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちづくり > 助成・補助・融資 > 芦屋町空き店舗活用事業について

芦屋町空き店舗活用事業について

更新日:2015年05月25日

芦屋町空き店舗活用事業補助金について

 町では、中小商業者の振興および商店街の活性化をはかるため、空き店舗を活用して新規に出店される者に対し、家賃の一部を補助します。(※平成31年度までの期限付き補助制度です。)

1.空き店舗とは、芦屋町用途地域における商業地域の区域内で、商業活動または事務所の用に供していた町内施設で
 連続して3月以上営業されていないものをいう。

2.補助対象者
 空き店舗を賃借して出店する個人または法人であって、次の各号に該当する者
 (1)町税などの滞納がない者
 (2)町内に事業所などを設置しようとしている者
 (3)経営に際し5年以上継続して営業する意志を持ち、かつ、芦屋町商工会会員となる者
 (4)町内で営業している店舗から空き店舗へ移転したことにより、移転前の店舗を空き店舗としてないこと
 (5)暴力団員などでない者

3.補助対象事業
 日本標準産業分類に規定する、卸売業・小売業、飲食サービス業および生活関連サービス業(娯楽業は除く。)

4.補助対象経費など

種 類

補助対象経費

補助率および上限額

月額家賃補助

当該空き店舗の出店月から24月以内

の月々の家賃(敷金、礼金、保証金、

管理費、共益費、駐車場その他これらに

類する費用を除く。)

出店月から12月目まで

2分の1以内

13月目から24月目まで

3分の1以内

月額5万円を限度とする。

 (平成30年3月31日までは、

特例により月額6万円を

限度とする)

 

詳細は関連ファイルをご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 地域づくり課 商工観光係
電話番号:093-223-3542
ファクス番号:093-223-3927