メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちづくり > 商工業 > 平成26年度第1四半期セーフティネット保証(5号)の認定申請について

平成26年度第1四半期セーフティネット保証(5号)の認定申請について

更新日:2014年04月04日

 平成26年度第3四半期分(平成26年4月1日から平成26年6月30日まで)の認定方法が一部変更となります。
 これまでとの変更点としては、指定業種が細分化されること及び複数兼業者について非指定業種も取り扱っている業者については、指定業種と非指定業種の売上の内訳が分かる資料の提出が必要となります。

※新たに指定された業種や除外されている業種もありますので、ご注意下さい。詳しくは、中小企業庁ホームページをご覧ください。

○実施期間
 平成26年4月1日~6月30日

○申請に必要な書類
《(イ)(ロ)(ハ)共通》
1.履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)のコピー(3か月以内発行のもの)、個人の場合は確定申告書のコピー
2.行政庁の許認可が必要な事業を営んでいる人については、その許認可証のコピー
3.代表者印(個人の場合は実印)とヨコ判(お持ちの場合)
4.申請者以外の方が手続きをとる場合は、委任状
※その他、必要に応じて提出を依頼する書類(会社案内・製品カタログ等業種の特定ができるもの)

《(イ)売上高減少》
1.最近3か月(前月または前々月を含む)分とその前年の同時期の試算表・売上台帳等売上高がわかるもの
2.複数業種兼業者で、非指定業種も取り扱っている場合は、指定業種と非指定業種の売上等の内訳が分かるもの

《(ロ)原油等転嫁困難》
1.直近決算書とその売上原価に対する仕入れ価格がわかるもの(伝票等)
2.最近3か月(前月または前々月を含む)分とその前年の同時期の試算表・売上台帳等売上高がわかるもの
3.最近3か月(前月または前々月を含む)分とその前年の同時期の原油等仕入れ価格がわかるもの(伝票や試算表等)
4.複数業種兼業者で、非指定業種も取り扱っている場合は、指定業種と非指定業種の売上等の内訳が分かるもの

《(ハ)円高の影響による売上高減少》
1.最近1か月(前月または前々月、ただし3月以降)分とその前年の同時期の試算表・売上台帳等売上高がわかるもの
2.上記の月の翌月及び翌々月の見込み売上高計算書(見込み売上高とその算出根拠を明記すること)とその前年の同時期の試算表・売上台帳等売上高がわかるもの
3.売上高等の減少が円高によるものであることを具体的に記述した書面(理由書)が必要
4.複数業種兼業者で、非指定業種も取り扱っている場合は、指定業種と非指定業種の売上等の内訳が分かるもの

○申請先
 芦屋町地域づくり課商工観光係(電話:093-223-3542)

※特定中小企業者の認定は、本店(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市町村で行います。本制度を利用するためには、認定を受けた後、金融機関または信用保証協会に別途申し込みが必要です。その際、金融機関及び信用保証協会による審査があります。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 地域づくり課 商工観光係
電話番号:093-223-3542
ファクス番号:093-223-3927