メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ライフシーン > 介護・老後 > 介護保険制度について

介護保険制度について

更新日:2018年07月24日

介護保険制度について

 介護保険制度は、高齢者の介護などの大きな負担を家族だけでなく社会全体で支える仕組みです。寝たきりや認知症などで介護が必要になったり日常生活に支援が必要になったりした場合は、認定区分(要介護や要支援)に応じてサービスを利用できます。
 申請は福祉課高齢者支援係で受け付けていますので、ご相談ください。また芦屋町は、介護保険広域連合に加入しています。
 制度の詳しい内容や保険料については福岡県介護保険広域連合ホームページをご覧ください。

介護保険要介護・要支援認定申請について

 介護保険のサービスが必要になったときには、どれくらいの介護が必要かを表す要介護度が必要になります。要介護度の認定には申請が必要です。

○対象者
 65歳以上の人または、40~64歳の医療保険加入者で、加齢による病気(特定疾病)が原因で介護が必要になった人

○持ってくるもの
 介護保険被保険者証(65歳以上の人)、健康保険証(40~64歳の人)

介護保険料について

○65歳以上の人(第1号被保険者)

 原則として年金からの天引きで納めます。

 65歳になったとき、保険料額や年金額が変更になったとき、広域連合外の市町村から転入したときなどは、納付書または口座振替で納めます。

 保険料は、本人や世帯員の課税状況や、本人の前年中の収入・所得などにより決定されます。

 保険料は給付の状況に応じて設定され、3年毎に見直されます。

 ※平成30~32年度 介護保険料は下記添付ファイル

 

○40歳から64歳までの人(第2号被保険者)

 加入している医療保険の計算の仕方で決められ、医療保険料に上乗せして納めます。  

高額介護サービス費の支給申請について

 介護サービスを使用したときに、自己負担額が高額になってしまった場合は、申請をしてもらうことで、一定の額を超えた分が戻ってくることがあります。対象者の方には、福岡県介護保険広域連合から、直接ご自宅にお知らせと申請書が届きます。

○対象者
 福岡県介護保険広域連合からご自宅に通知があった人

○持ってくるもの
 高額介護サービス費支給申請書、印鑑、通帳、領収書、介護保険被保険者証

関連ファイル

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 福祉課 高齢者支援係
電話番号:093-223-3536
ファクス番号:093-222-2010