メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 住基ネット > 住基カードが転出後も継続利用できます

住基カードが転出後も継続利用できます

更新日:2012年07月27日

住民基本台帳カード(住基カード)の継続利用について

 住基カードの交付を受けている方が、他市区町村へ住所を異動(転出)すると、それまで利用していた住基カードは利用できなくなっていましたが、住民基本台帳法の改正に伴い、平成24年7月9日から、継続利用の手続きを行うことにより、住所異動後も引き続き住基カードが利用できるようになりました。

※公的個人認証サービスを利用している場合・・・住基カードに記録されている電子証明書は住所異動により失効します。必要な方は新住所地で再度申請してください。

 詳しくは、住民基本台帳カード総合情報サイトをご覧ください。

他市区町村へ転出する場合の注意点

1.住基カード継続利用の意思表示

 住基カードの継続利用を希望される場合は、転出届の際に窓口でその旨をお伝えください。
 郵便で転出届をされる場合は、住基カードの交付を受けており、継続利用を希望する旨と、昼間に連絡のつく電話番号を申請書に必ず記入してください。

2.転出届の手続期間

 転出予定日の14日前、または転出をした日から14日以内に転出手続をした場合のみ、住基カード継続利用の対象となります。

※転出をした日から14日以上経過すると、住基カードの継続利用ができなくなります。

3.転出証明書の省略

 転出をされる方の中に1人でも住基カードの継続利用希望者がいる場合、原則として転出証明書は交付されません。

※ただし、住基カードの交付を受けていない方が届出者の場合は、転出証明書を交付することも可能です。

他市区町村へ転入する際の注意点

1.継続利用する住基カードの持参

 転入の手続をする際に、継続利用を希望される方全員分の住基カードを持って、引っ越し先の市区町村の窓口に行く必要があります。また、継続利用の手続には住基カードの暗証番号(住基カード発行の際に登録した4桁の数字)が必要です。

2.転入手続の期間

 新住所に住み始めてから14日以内に転入手続を行ってください。14日を過ぎると住基カードが失効し継続利用が出来なくなります。
 また、転出予定日(転出届の際に申請書に記入したお引越しの予定日)から30日以内に転入手続を行わなかった場合も、住基カードは失効します。

町内で転居する場合

 引っ越しされた方の住基カードを持って窓口へお越しください。また、住基カードの暗証番号も必要です。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 住民課 住民係
電話番号:093-223-3531
ファクス番号:093-223-3927