メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 地域福祉 > 地域福祉計画 > 「第1次芦屋町地域福祉計画」を策定しました

「第1次芦屋町地域福祉計画」を策定しました

更新日:2019年01月29日

  • 地域福祉計画(概要版)表紙

    地域福祉計画(概要版)表紙

「芦屋町地域福祉計画」を策定しました。

■計画策定の趣旨

 近年、少子高齢化、ひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯といった社会から孤立しがちな人々が増加したこと、生活形態や価値観が多様化したことにより、人と人、人と地域のつながりの希薄化が進み、地域において様々な課題が生じています。そして、これまでの個別計画に基づく行政サービスだけでは対応できない課題も増加しています。
 芦屋町地域福祉計画は、このような課題一つひとつを解決し、町民の皆様が安心して暮らせる町とするため、地域での生活や福祉に関する課題を明らかにするとともに、町民一人ひとり、団体や事業者、ボランティアなどを含めた地域、行政、すべての力を合わせて解決に取り組むことを掲げた計画です。

■計画の基本理念

 「認めあい 支えあい つながる笑顔のまちづくり」

■計画の位置づけ・性格

 本計画は、第5次芦屋町総合振興計画を上位計画とし、これまでに策定された高齢者・障がい者・児童の各分野の福祉計画を横断的につなぐとともに、地域の助け合いによる福祉(地域福祉)に関する事項を一体的に定めます。
 したがって、既存の各分野別の福祉計画のように対象者が限定されるものではなく、住民すべてを対象とし、「地域」における福祉活動を推進するための計画です。

■計画の期間

 平成26年度から平成30年度までの5年間

■計画策定の経過

 20歳以上の住民1,500人を対象とした住民意識調査、区長、民生委員、高齢者福祉サービス事業所など各専門分野で活動する団体へのアンケート調査、ワークショップ形式で開催する地域座談会により実態・課題を抽出し、その対策などについて、役場内担当者で組織する策定担当者会議での検討、住民代表で構成する地域福祉計画推進委員会での審議を経て計画を策定しました。

■計画の推進方法

 この計画は、地域福祉を担う主体それぞれ(住民一人ひとり、地域で活動する組織や団体、福祉や介護のサービス事業者、社会福祉協議会、行政)が、自らの役割を果たし、また、互いに連携して推進していくものです。

 一人ひとりの「できる範囲での助け合い」が大きな力となり、「地域力」となって地域の安心につながると考えますので本計画へのご理解・ご協力をお願いします。

■計画の評価・見直し

 地域福祉の取り組みを効果的かつ継続的に推進していくために、毎年度「地域福祉計画推進委員会」において、地域福祉の進捗状況を評価し、必要に応じて計画内容の見直しを行います。

■計画書の閲覧場所

 下記関連ファイルからダウンロードできる他、役場福祉課(高齢者支援係)、図書館などでも閲覧できます。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 福祉課 高齢者支援係
電話番号:093-223-3536
ファクス番号:093-222-2010