メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ライフシーン > 入学 > 児童生徒就学援助について

児童生徒就学援助について

更新日:2017年05月01日

◇児童生徒就学援助とは、どんな制度?
 経済的な理由で芦屋町内の小・中学校への就学が困難な児童・生徒の保護者に学校で必要な就学費を援助する制度です。


◇具体的には、どんな内容?
 内容は、次のとおりです(金額は平成29年度の補助予定金額です)。
 ・学用品費など
  小学校:(第1学年 年額1万2990円)(第2学年~第6学年 年額1万5220円)
  中学校:(第1学年 年額2万4590円)(第2学年~第3学年 年額2万6820円)
 ・給食費 全額補助
 ・新入学学用品費(小中学校新1年生)
  小学校2万 470円
  中学校2万3550円
 ・修学旅行費 実費補助 ※いったん積立していただき、修学旅行実施後に清算します。
 ・医療費(夏休み歯科治療・中耳炎・寄生虫病など)
  実費補助  ※学校健診後、学校より指示があったものに限ります。期限もあります。


◇申請方法は?
 次の書類を提出してください。
 ・準要保護児童生徒認定申請書(教育委員会にあります。)
 ・印鑑
 ・家賃証明または入居契約書の写し(家賃を確認できるもの)
 ・援助費の振込をする通帳の写し(振込口座確認のため)
 ・マイナンバーカードまたは通知カード(世帯全員分)
 ・所得証明書など(平成29年1月1日現在、芦屋町に居住していない人のみ)
 ・申請者(保護者)確認書類(顔写真付きのマイナンバーカード)

  ※顔写真付きのマイナンバーカードでない場合は、次の①と②の書類が必要となります。
   ①マイナンバーの確認書類=通知カード、マイナンバー付きの住民票
     ②身元確認書類=官公署発行の顔写真付証明書1点、もしくは官公署などが発行した証明書2点
  ※代理人が申請手続きを行う場合、さらに委任状や代理人の身元確認書類が必要となります。 


◇受付期間は?
 受付期間は、原則は3月末までとさせていただきます。その後も、随時受け付けていますが、援助費は申請の翌月から支給するため、4月以降に申請された場合は、月割計算をし、減額してから支給いたします。また、新入学学用品費は4月末まで、修学旅行費は実施前月までに申請をしておかなければ、支給されません。


◇支給方法は?
・1年分を3回に分けて、指定された口座に振り込みます。
 (給食費・校納金に滞納があれば、差引後の金額が支給されます。)
・振り込みは、7月・12月・3月の各25日ごろに行います。
    7月:1学期(4~7月)分
  12月:2学期(9~12月)分
    3月:3学期(1~3月)分


◇申請すれば、みんな援助を受けられるか?条件があるのか?
 あなたの世帯の総所得が、定められた基準需要額を下まわっている場合に、援助を受けられます(ただし、生活保護を受給されている場合、この援助は受けられません) 。
 基準需要額については、原則的に生活保護基準生活費の額と教育扶助基準および住宅扶助基準額の合計となりますので、申請される世帯によって、家族の人数、年齢などの状況が異なるため、基準需要額は変わります。

[平成28年度認定の参考目安例]

家族構成
                         (   )内は年齢

認定基準所得額

持家

借家

母(38)、小学生(8)

約150万円

約200万円

父(39)、母(35)、中学生(14)、小学生(9)

約260万円

約310万円

  ※所得額や控除額によっても、基準額は変わってきますので、上の表はあくまで目安となります。


◇その他
 前年度認定された人でも、毎年申請が必要です。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 学校教育課 学校教育係
電話番号:093-223-3547
ファクス番号:093-223-3885