メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > まちづくり > 地域づくり > 自治区担当職員制度

自治区担当職員制度

更新日:2018年04月01日

 平成26年8月から「住民参画まちづくり条例に基づいた“協働のまちづくり”実現のため、すべての職員が地域活動に参加し、町民による自主的な地域づくりのサポート」を目的として自治区担当職員制度がスタートしました。
 本制度は、ステップ1から5までで構成され、5、6年目のステップ3、4では、将来的な地域のあり方を検討し、自治区ごとのに計画を策定することとしています。
 その計画を基に、7年目以降はステップ5として、地域住民と職員が協働で活動していくこととなります。

●ステップ1(H26~27年度)~職員と住民が顔見知りになる~
●ステップ2(H28~29年度)~自治区活動の実態について理解する~
●ステップ3(H30年度)  ~将来的な地域のあり方の検討、計画の策定①~
●ステップ4(H31年度)  ~将来的な地域のあり方の検討、計画の策定②~
●ステップ5(H32年度~) ~将来的な地域のあり方を見据えた“協働のまちづくり”~

 活動にあたり、全30自治区を14の班に分け、班長に課長級職員を充て、ひとつの班が担当する自治区の数は、世帯数や活動状況などに応じて1から4自治区としました。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

芦屋町役場 環境住宅課 地域振興・交通係
電話番号:093-223-3539
ファクス番号:093-223-3927