メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > あしやハンズ・オン・キッズ2017 第5回研修「食育」

あしやハンズ・オン・キッズ2017 第5回研修「食育」

更新日:2017年11月02日

  • スモーカー(燻製機)づくり

    スモーカー(燻製機)づくり

  • ダンボールで作ります(o´▽`)

    ダンボールで作ります(o´▽`)

  • 慎重に…丁寧に…集中してます◎

    慎重に…丁寧に…集中してます◎

  • できあがり((´∀`))

    できあがり((´∀`))

  • 食材を入れてスモークに♪

    食材を入れてスモークに♪

  • 出来上がり♪ドキドキ…

    出来上がり♪ドキドキ…

  • 待ちに待った☆試食タイム

    待ちに待った☆試食タイム

  • 先人の知恵を学びました!!

    先人の知恵を学びました!!

【食育】

 平成29年9月23日の第5回研修は、保存食をテーマに「食育」を行いました。                                                                        はじめに、保存食について、みんなの身近にあるものを中心にどんなものがあるか話し合いました。現代の保存食は冷蔵庫の普及など幅広い分野で進化し続けています。缶詰、冷凍食品、レトルト食品、宇宙食など、いろんな回答が飛び交いました。また、先人の知恵から生まれた保存食ということで、昔と今を比較しながら保存食ができたきっかけや保存食の作り方など楽しく学びました。中でも保存方法のクイズは大盛り上がり!乾燥、塩、砂糖、酢、いぶす(燻製)の5種類の分類は具体的にイメージがしやすかったようで、それぞれの保存効果について熱心にメモをとっていました。

 次に、かんたん燻製づくりにチャレンジしました。はじめに、ダンボールとガムテープ、網と棒を使ってスモーカー(燻製器)づくりにチャレンジ!サマーキャンプ後の研修ということもあり、意見を出し合ってイメージづくりをしたり、役割分担をして作業したりと、チームワーク良く取り組み、次々とスモーカーが完成!食材を入れ、スモークチップに火をつけ、ドキドキワクワクしながら完成を待ちました。試食タイムでは、いろんな班のものを食べ比べたり、少々燻製しすぎた物もあったりと盛り上がりました。

 この体験では保存食をテーマに先人の知恵を学ぶことができました。冷蔵庫のない時代に生きるため、いかに食糧を確保するかを考えた先人。私たちが生きる上で大切な食。今後も健康的な食のあり方を考えるとともに、だれかと一緒に食事や料理をしたり、食べ物の収穫を体験したり、季節や地域の料理を味わったりするなど、心と身体の健康を維持し、生き生きと過ごしてほしいと思います。                     

~研修生の感想~

・スモーカーづくりでは、空気が出ないように、しっかりと二重にテープを貼るなど工夫しました。味は、チーズとちくわがおいしかったです。(芦屋東小学校6年 女子)

・燻製をすることで普通に食べたりするよりも殺菌なども行われ、いつもよりおいしくなることが分かりました。家でも作れそうなのでやってみたいです。(山鹿小学校5年 男子)

・燻製をすると味が香ばしくなって、おいしかったです。ナッツなどが燻製にした時に味が変わっていました。燻製すると食品が長持ちすることが分かりました。(芦屋東小学校5年 女子)

・みんなで協力して作れたので良かったです。先人達の知恵で保存食ができて、先人達のおかげで今、暮らせているので感謝です。(芦屋小学校6年 男子)

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 生涯学習課 社会教育係 
電話番号:093-223-3546
ファクス番号:093-223-3885