メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > あしやハンズ・オン・キッズ2017 第3回研修「海あそび」

あしやハンズ・オン・キッズ2017 第3回研修「海あそび」

更新日:2017年09月19日

  • 水がどこから入ってくるのか考えながら作成中

    水がどこから入ってくるのか考えながら作成中

  • 作成に集中する研修生たち(´ω`)

    作成に集中する研修生たち(´ω`)

  • ガムテープの貼り方、使い方にこだわりました!!

    ガムテープの貼り方、使い方にこだわりました!!

  • 自分たちで作ったものは自分たちで運ぶ♪

    自分たちで作ったものは自分たちで運ぶ♪

  • バランスをとるのが難しい('ω')

    バランスをとるのが難しい('ω')

  • 交代で乗船!!最後はボロボロに…

    交代で乗船!!最後はボロボロに…

  • 芦屋の自然を大満喫(´∀`。)

    芦屋の自然を大満喫(´∀`。)

  • 来た時よりも美しく☆ビーチクリーン

    来た時よりも美しく☆ビーチクリーン

【海あそび】

 平成29年7月22日の第3回研修は、芦屋海岸で「海あそび」を行いました。                                                       

 はじめに、クラフトシップづくりにチャレンジしました。材料はダンボールとペットボトル、ガムテープとひも。限られた材料を使い、オリジナルの船を作ろうと気合十分の研修生たち。波に負けない最強の船や、見た目にこだわったカッコイイ船など、それぞれテーマを決めて作成にあたりました。ポイントはペットボトルとガムテープの使い方 。頑丈にするため二重にペットボトルを使用したり、救命用の小型船を作ったり、乗り心地重視でイスを設置したりと、どの班も工夫して作っていました。

 完成したクラフトシップを持ち、海岸へと出発。この日は猛暑で、汗だくになりながらも交代で持ち運びました。準備運動をしっかり行い、いざ入水‼クラフトシップをゆっくり浮かせ、乗船者は慎重に船に乗り、補助者も船を支えたり、波を見たりと必死でフォローにあたっていて、みんなでやろうという気持ちが伝わりあたたかい気持ちになりました。ワーという喜びの声やキャーという驚きの声、船の名前を叫ぶなど、班ごとにいろいろな歓声があがって、みんな笑顔で活動を楽しんでいました。また、活動後は、来た時よりも美しく!キレイな海を汚さないように壊れてしまったクラフトシップの材料は全て回収し、持ち帰りました。海あそびのふりかえりでは、楽しかっただけではなく、もっとこうした方がよかったなどの意見が多数あがりました。前向きな研修生たちの姿はとても頼もしく、今後の研修も楽しみです。                         

 この体験では自然で遊ぶ楽しさ、驚き、感動をみんなで共有することができました。楽しい時間を過ごせたのは、自分たちの頑張りはもちろんですが、気持ちよく遊ぶことのできる環境があったからだと思います。これからも身近にある自然、環境に感謝の気持ちを持ち、過ごしてほしいと思います。

~研修生の感想~

・みんなで協力して船を作って、浮かせて、人も乗れたからとても驚きました。海あそびでは、バディと遊んで仲良くなれたからとても嬉しかったです。(芦屋東小学校5年 女子)

・クラフトシップづくりで、もっとガムテープを使うなど工夫すれば良かったです。それでも浮かぶという事が発見できたので良かったです。(芦屋小学校4年 女子)

・海はキレイだったけど、よく見るとゴミが落ちていたので、海で遊ぶだけじゃなく、遊びながらゴミを見つけたら無視せず拾って海をもっとキレイにしたいなと思いました。(山鹿小学校5年 女子)

・様々なアイデアを出したりするのは、とても楽しかったです。良い作品ができたから良かったです。これからは、自然の事も大切にしようと思いました。(山鹿小学校6年 男子)

このページに関する問い合わせ先

芦屋町教育委員会 生涯学習課 社会教育係 
電話番号:093-223-3546
ファクス番号:093-223-3885